ニュース
» 2009年09月03日 16時00分 UPDATE

Red HatがRHEL 5.4正式版を発表、KVMを商用レベルに

Red Hatは「Red Hat Enterprise Linux」のバージョン5.4を正式発表した。仮想化技術はXenだけでなくKVMもサポート。Xenのサポートは継続するが、今後はKVMにシフトしていくとみられる。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 Red Hatは米国時間の9月2日、主力のLinuxディストリビューション最新版「Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 5.4」の正式版を発表、提供を開始した。サブスクリプション顧客は自動でアップデートされる。

 最新版では、仮想化が最大の特徴となる。仮想化機能の「Kernel-based Virtual Machine」(KVM)をサポートするほか、インテルの仮想化技術「VT-d(Intel Virtualization for Directed I/O)」やPCI関連の標準化団体PCI-SIGが策定した仮想化技術「SR-IOV」にも対応。これらを利用することで、Xeon 5500シリーズのCPUを搭載したプラットフォームで、複数の仮想マシン間でI/Oデバイスを直接共有できる。仮想マシンベンダーでVT-dとSR-IOVの両方をサポートするのは同社が初としている。

 なお、RHELではこれまで、「Xen」に対応していたが、Xenもライフサイクルを通じてサポートしていくという。

 また、各種ハードウェアへの対応も強化され、IntelやAMDの最新CPU向けの最適化や、ネットワークのパフォーマンス強化、各種デバイスドライバの改良などが行われているという。

 そのほか、開発者/管理者向けとしては、パフォーマンス測定ツールキットである「SystemTap」が強化されたほか、メモリ割り当てライブラリであるmallocについては、新たな実装のプレビュー版を同梱しているとのこと。この新しい実装では、マルチコアプロセッサに向けた最適化が行われているという。

関連キーワード

Red Hat | 仮想化 | Xen


Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -