ニュース
» 2009年09月04日 07時00分 UPDATE

CAのジョン・スウィンソンCEOが辞意を表明

会計スキャンダルで揺れたCAをクマーCEOから2005年に引き継いだスウィンソン氏が2009年末に退任する。

[ITmedia]
swinson ジョン・スウィンソンCEO

 米CAは9月1日、同社CEOのジョン・スウィンソン氏(55)が12月31日までに同職を退く計画であることを発表した。取締役会は後継者を検討中という。

 スウィンソン氏は2004年、会計スキャンダルが原因でCEOを辞任したサンジェイ・クマー氏の後継候補として米IBMからCA(当時の社名はComputer Associates International)入りし、2005年にCEOに就任した。

 「CAが再スタートを切った5年前に設定した目標を達成したことを誇りに思う。われわれはCAを立て直し、仮想化やクラウドコンピューティングといった技術によって新たな成長フェーズに向かっている。CAが次の段階に上るために、新たなリーダーシップに移行するタイミングだ」とスウィンソン氏は声明で語った。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -