ニュース
» 2009年09月04日 16時20分 UPDATE

Nokia版アプリストア「Ovi Store」用SDKとAPI、公開

Nokia製スマートフォン向けソフトウェア開発キットとAPIがリリースされた。

[ITmedia]

 ノルウェーのNokiaは9月3日、同社製スマートフォン向けネットサービス「Ovi」用アプリケーションを開発するためのツール「Ovi SDK β」および「Ovi API」をサードパーティーの開発者向けにリリースしたと発表した。Forum Nokiaに登録すれば、開発者向けサイトから無料でダウンロードできる。

 同社は既にFacebook、Lonely Planet、Associated Press、National Geographicなどのパートナー企業にこれらのツールを提供しており、5月にオープンしたアプリストア「Ovi Store」には有料・無料のゲームやアプリケーションが登録されている。

ovi store

 Ovi SDKはHTML、CSS、JavaScriptといった標準技術をベースにしており、FirefoxおよびSafariのプラグインとして稼働する。SymbianおよびMaemoプラットフォームに対応したOviソフトウェアを開発できる。

 Ovi APIはまず地図とナビゲーション用のAPIが用意されている。「Ovi Maps Player API」はNokia傘下の地図データサービスNAVTEQの3D世界地図データを利用した位置情報機能などを提供する。「Ovi Navigation Player API」は歩行者および自動車向けナビゲーション機能をアプリに組み込める。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -