ニュース
» 2009年09月11日 07時57分 公開

Firefoxの更新版がリリース、深刻な脆弱性に対処

「Firefox 3.5.3」と「Firefox 3.0.14」がリリースされた。

[ITmedia]

 Mozilla FoundationはFirefoxブラウザの更新版となる「Firefox 3.5.3」と「Firefox 3.0.14」をリリースし、複数の深刻な脆弱性に対処した。

 Mozillaのアドバイザリーによると、Firefox 3.5.3では「FeedWriterによるクローム特権昇格」の問題など4件の脆弱性が修正された。このうち3件は、重要度が4段階で最も高い「最高」となっており、任意のコード実行などに利用される恐れがあった。

 Firefox 3.0.14ではこの4件に加えて、セキュリティモジュールの追加・削除にまつわる問題も修正している。こちらの重要度は下から2番目の「中」程度となっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -