ニュース
» 2009年09月16日 15時40分 公開

Adobe、引き続き減収減益――前期よりは回復

Omniture買収を発表したAdobeの6〜8月期決算は前期に続き2けた台の減収減益だった。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsが9月15日発表した第3四半期(6〜8月期)決算は、売上高は前年同期比21%減の6億975万ドル、純利益は同29%減の1億3605万ドル(1株当たり26セント)だった。売上高は、同社が発表していた目標売上高(6億6500万〜7億1500万ドル)の範囲内だった。

 営業利益は1億6760万ドルで、前年同期比24%減。営業利益率は24%で、前年同期の24.7%は下回ったが、前期の22.9%より回復している。

 第3四半期(6〜8月期)の見通しについては、売上高を6億9000万〜7億4000万ドル、営業利益率を23〜27%、1株当たり純利益を23〜29セントとみている。

 Adobeは同日、Web解析企業のOmnitureを約18億ドルで買収する計画を発表した。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -