レビュー
» 2009年09月25日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:コスト削減。サーバ仮想化だけで終わっていませんか?

サーバ仮想化との相乗効果が評価され、国内大手企業(銀行、通信、製造)が続々採用。ストレージコストを75%削減する次世代3PARストレージソリューション(シン・プロビジョニング)について徹底解説する(提供:日商エレクトロニクス)。

[PR/ITmedia]

 ITに対するコスト削減要求が高まる中、ITを効率化するための手段として、サーバ仮想化の導入が急速に進んでいる。

 しかし、仮想化技術の活用でサーバ関連のコストがスリム化する一方、ストレージ関連コストは一向に改善されていない。ある調査によると、購入されたストレージの約70%は、データが格納されずに放置されているという報告もあり、投資の無駄が放置されている実態が明らかとなっている。

 コンピュータリソースの効率的な使用によりITコストを削減するためには、ストレージの無駄を排除し、必要なときに必要な分だけのストレージ投資を実現する仕組みが非常に重要だ。

 本ホワイトペーパーでは、仮想化時代のITコスト削減要求に応えるシン・プロビジョニングについて、本ソリューションが期待される背景や技術的要素について解説していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1400点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -