レビュー
» 2009年09月26日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:短期導入可能! 万が一、パスワードを盗まれても安全な新しい本人認証方式とは?

インターネットの脅威がますます頻発・悪質化するなか、国内で初めて法人向けに“ワンタイムパスワード認証サービス”を採用した常陽銀行が、より安心して利用できるネットバンキングへと進化した(提供:日本ベリサイン)。

[PR/ITmedia]

 常陽銀行では、法人顧客がネットバンキングを安心して利用できるよう、セキュリティソフトウェアを無償提供するなど、IDやパスワードを盗まれないための対策を行ってきた。

 しかし、金融庁の調査によると、2007年度のネットバンキング犯罪被害が前年度に比べて2.3倍も増加するなど、インターネットの脅威はますます頻発・悪質化していた。

 そこで常陽銀行では、万が一、パスワードを盗まれても安全な仕組みを模索し、ベリサインが提供する短期導入が可能なクラウドモデルの“ワンタイムパスワード認証サービス”を導入し、より安全なサービスへと進化させることに成功したのだ。

 本ホワイトペーパーでは、その導入事例を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1400点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -