レビュー
» 2009年09月29日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:高調波および中性線の過負荷による危険性

IT機器を中心に、高調波電流によって引き起こされる問題と、さまざまな国際規制によって高調波問題が解消された経緯について説明する(提供:エーピーシー・ジャパン)。

[PR/ITmedia]

 非線形負荷は、電源系統に高調波電流を発生させる。基本周波数(50または60Hz)の数倍にあたる周波数の電流で、配線や変圧器の過負荷、発熱、極端な場合には火災など、さまざまな障害の原因となるのが高調波電流だ。

 ITの電気系統に関しては、この高調波問題を、どのような場合に、どのような方法で抑制するかを知っておく必要がある。

 近年では、さまざまな国際規制によって、高調波問題はほぼ解消されている。このホワイトペーパーでは、高調波電流によって引き起こされる問題と、国際規制によって高調波問題がどのように解消されるかを説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1400点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -