ニュース
» 2009年09月30日 13時46分 UPDATE

NEC、Check Pointのクライアントセキュリティ製品を発売

NECとNECソフトは、Check Pointのクライアント向け統合セキュリティ製品「Endpoint Security」を発売する。

[ITmedia]

 NECとNECソフトは9月30日、Check Point Software Technologiesのクライアント向け統合セキュリティ製品の最新版「Check Point Endpoint Security R72」を10月6日に発売すると発表した。

 同製品は、パーソナルファイアウォールやプログラム制御、ネットワークアクセス制御、ウイルス/スパイウェア対策、リモートアクセス、HDDおよび外部メディア暗号化、ポート制御などの機能を一つに統合したもの。

 R72では、Webブラウザに仮想空間を設けて不審なプログラムの挙動を分析し、マルウェアの場合に実行を阻止する「WebCheck」機能や、OS起動前認証によってWindowsログオンやVPN接続、リムーバブルメディアの利用できるようにする「OneCheck」などの新機能を搭載した。

 2社では今後3年間に55万ライセンスの販売と約50億円の売り上げを見込んでいる。価格は利用する機能で異なるが全機能を利用できる「Total Security User's License」では1ユーザー当たり3万円(税別)となる。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -