ニュース
» 2009年10月01日 12時42分 公開

日本ユニシス、電子透かしの機能をSaaSで提供

日本ユニシスは、ドキュメント内に2種類の電子透かしを埋め込むサービスをSaaSで提供する。

[ITmedia]

 日本ユニシスは10月1日、ドキュメントに電子透かしを埋め込むSaaS(サービスとしてのソフトウェア)型サービス「iSECURE 電子透かしサービス」を11月2日に始めると発表した。

 同サービスは、ユーザーが同社のデータセンターへ電子透かしを埋め込みたいドキュメントファイルを送信すると、目に見えるタイプと見えないタイプの2種類の電子透かしIDを埋め込んで提供する。紙に出力しても電子透かしIDが埋め込まれる。

 ユーザーが送信するドキュメントファイルは暗号化される。また、オプションで画像や写真への埋め込みにも対応する。

 これにより、ドキュメントが外部に漏えいしてもIDを照合することで流出元が特定できるため、迅速に対応できるようになるという。電子透かしの技術は米Digimarcを採用し、サービス基盤にはアルディートとモニックの技術を採用した。

 価格は月額50万円(税別)からで、1カ月当たり100ファイルまで利用できる。また、3カ月単位以上で利用する場合は月間100ファイルの利用制限はなくなる。同社では今後3年間で3億円の売り上げを見込む。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

電子透かし | 日本ユニシス | SaaS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -