ニュース
» 2009年10月01日 18時43分 公開

日立システム、クラウドの手法を組み合わせたシステム構築サービスを発表

日立システムアンドサービスは、クラウドコンピューティングを活用して、顧客企業の要望に応じたシステム構築を手掛けるサービスの提供を開始すると発表した。

[ITmedia]

 日立システムアンドサービスは10月1日、ネットワーク経由でソフトウェアの機能を提供するクラウドコンピューティングを活用して、顧客企業の要望に応じたシステム構築を手掛けるサービスの提供を開始すると発表した。

 新サービスの名称は「ハイブリッドインテグレーション」。これは仮想化技術を活用したシステム運用の支援、日立製作所グループのデータセンターを駆使したクラウド環境の構築、日立システムが提供するSaaS(サービスとしてのソフトウェア)を組み合わせて、顧客企業に提供するもの。企業の要望に合わせて、自社運用型のシステムを構築したり、日立システムがクラウド環境で構築したシステムの機能をサービスとして提供したりできる。

 日立製作所グループのデータセンターや提携するデータセンターベンダーを活用し、顧客ごとに情報システムを構築。基幹業務やソフトの開発、システム移行専用の基盤などをそろえる。

 日立システムはクラウドコンピューティング事業の利益拡大を見据え、SaaS事業の企画やシステム構築、運用保守を担当する専門組織「SaaS事業推進センタ」を同日付けで新たに設立。同社は2013年に新サービスに関連する事業全体で100億円の売り上げを目指す。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -