レビュー
» 2009年10月05日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:どの情報を守るべき? 5つのステップで効率的な情報漏えい対策を

情報漏えい対策の最も基本となるものは、どの情報を守るかの決定にある。だが、そのプロセスがもっとも困難であるのも事実。本ドキュメントは、どのような情報を守るべきなのかを実践的な内容を交えながら解説する(提供:トレンドマイクロ)。

[PR/ITmedia]

 最新の情報漏えい対策であるDLPを展開するに当たり、機密情報の選定の方法について

5つのステップに分けて述べている。それは、データの「分類」「識別」「保管場所の把握」「ポリシーの策定」「監視、レポートおよび改善」である。

 機密情報の選定には、ビジネスプロセスの把握と情報の流れ、誰がどの情報を取り扱っているかなどの状況を把握する必要がある。また、情報漏えい対策は、すべての情報を保護することを目的とするのではなく、まず、本当に守るべき情報を見極め、そこからスタートし、組織全体に広げるプロセスを経ることが重要となる。

 本ドキュメントは、機密情報の判別と、情報漏えい対策を展開する上での注意点について述べている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1400点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -