レビュー
» 2009年10月07日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:ITコストの4分の1を占める領域への改革提案。野村総研が提案する「覚醒型PC管理」

一般的に後ろ向きなイメージが付き纏いがちなコスト削減活動。しかし、野村総研は品質を上げることによりコストを下げる「覚醒型PC管理」で前向きなコスト削減を実現してきた。その実践的手法とは(提供:野村総合研究所)。

[PR/ITmedia]

 昨今の経済状況の中、全ての情報システム部門にコスト削減や効率化という命題が突きつけられているといっても過言ではない。

 しかし、単純な人減らしによるスリム化も限界に達し、また業務効率化を図ろうにも新規投資を行うことがままならないというのが現状ではないだろうか。我々は一つの解決手段として、「もうやりつくした」「付加価値がない」と思いこまれている既存領域に注目し、固定概念化した常識を見直し、構造を変えていく「覚醒」という概念を通じてコスト削減を実現してきた。その領域とはPC管理。野村総研の調査によればPCにかかわるコストは時にITコストの4分の1を占める。

 本ホワイトペーパーでは「【野村総研の『覚醒型ビジネスモデル』がPC管理を変えた】出版記念セミナー〜コスト削減方策の思いつかないIT管理者へ、PC管理で抜け出そう!〜」より、野村総研の考える「覚醒型PC管理」のあり方を、具体的な事例を含めて紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1400点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -