レビュー
» 2009年10月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:プロジェクト管理会計、標準化、進行基準対応、PMBOK準拠のソリューション

進ちょくや採算が翌月でないと分からない。原価の分析が行えない。プロジェクト進行が俗人化している。これらの悩みを解決できるソリューション。現場/管理/経営部門がプロジェクトデータを統合的に利用/管理できる(提供:システムインテグレータ)。

[PR/ITmedia]

 多くのシステム開発ではPMBOKをベースに、エクセルや複数のツールを組合せて原価、進ちょく、要員などのプロジェクト管理を行っている。その結果、

  • プロジェクト報告のための資料作成が煩雑で管理が形骸化する
  • 情報が分散し、部門長、PMOがプロジェクトの状況を監視できない

などといった問題が散見される。

 弊社では基幹業務完全合理化を実現し、

  • プロジェクト単体の採算見込から部門/全社レベルでの見通しをリアルタイムで把握
  • 報告のための資料作成の廃止、すべて画面、データ出力により監視
  • データを履歴管理することで、プロジェクトの経過の状況を確認
  • 蓄積された情報を分析し、プロジェクト管理の標準化を推進

など、余計な間接コストをかけずに実現。そのソリューションを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1400点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ