ニュース
» 2009年10月13日 14時10分 公開

NEC、大企業向けECサービスの機能をSaaSで提供

NECは大企業向けECサービスの機能をSaaS形態で提供する「NeoSarf/EC」を発表した。

[ITmedia]

 NECは10月13日、大企業がオンラインショッピングなどの電子商取引(EC)サービスを実現するのに必要な機能をSaaS(サービスとしてのソフトウェア)形態で提供する「NeoSarf/EC」を発表した。同日からスタートし、今後5年間で30社の利用を見込む。

 NeoSarf/ECは、商品情報の表示や商品検索といったフロント機能、商品管理や注文/受注管理、コンテンツ管理、顧客管理などのバックオフィス機能、ログ管理やアクセス権限管理などの共通機能をSaaSで提供するもの。利用企業は独自にシステムを構築することなく、短期間にECサービスを展開できるようになる。

 同社では独自開発したコンテンツ管理システム(CMS)の機能も併せて提供。商品情報などのコンテンツ作成や変更を容易に行え、専門知識がなくても機動性のあるECサイトを構築、運用できるという。事業拡大に伴うショップサイトの追加や複数サイトを1つの事業者が運営する場合でもNeoSarf/ECで顧客管理を一元的に行える。

サービスイメージ

 サービスには同社のSaaS基盤サービス「RIACUBE/SP」を活用して、既存システムやほかのサービスとの連携、セキュリティの確保などを実現しているとしており、外部連携インタフェース機能によって他社サービスとの連携も順次可能にしていくという。具体的にはレコメンド機能やアフィリエイト、決済代行などのサービスと連携する予定。

 利用料金は月額400万円(税別)からで、企業が独自にシステムを構築、運用する場合に比べて5年間のコストが30%程度安価になると同社では試算している。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

NEC(日本電気) | SaaS | eコマース


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -