ニュース
» 2009年10月14日 19時46分 UPDATE

日本IBM、中堅企業向けBIの新製品群を発表

日本IBMは中堅企業向けビジネスインテリジェンス製品群「IBM Cognos Express V9.0」の提供を開始した。

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は10月14日、情報の分析やレポーティングができるビジネスインテリジェンス(BI)製品群「IBM Cognos Express V9.0」の提供を開始した。新製品の対象は中堅規模の企業とし、経営者やエンドユーザーが経営の意志決定に必要なリポートや予算編成を作成できるのが特徴。

 IBM Cognos Express V.9.0では、レポーティングや分析などのBI機能と、計画立案や予算編成、予測作成などのプランニング機能を統合して提供する。経営の全体像をデータからつかみ、問題を分析。解決を導く行動計画を策定し、ダッシュボード経由で確認できる。

 活用例として、ある製品の売れ行きが20大前半の女性に好調という傾向を把握し、その要因を細かく分析するといった用途を想定。分析結果に応じて、売り上げ増加につながる商品を増やしたり、対象を絞った販売促進活動を展開したりできる。具体的な施策に必要な社内リソースやコストを確認することも可能だ。

 IBM Cognos Express V9.0は、レポート作成や非定型型データの検索を行う「IBM Cognos Express Reporter」、情報を分析する「IBM Cognos Express Advisor」、Excelのインタフェースで行動計画を策定できる「IBM Cognos Express Xcelerator」で構成される。

 日本IBMおよびパートナー企業が同製品を販売。選んだ機能やユーザー数に応じて個別に価格を見積もる。IBM Cognos Express Reporterを管理者1人、ユーザー20人で利用する場合、価格は330万円としている。

image IBM Cognos Express V.9.0の画面イメージ(出典:日本IBM)

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

IBM | IBM IMPACT | Cognos | BI


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ