ニュース
» 2009年10月21日 14時07分 公開

医療機関の8割が患者データを紛失、米調査

医療情報の電子化が進んでも適切なプライバシーの保護が実施されていないと、米調査会社Ponemonが指摘している。

[ITmedia]

 2008年に患者の電子データを1件以上紛失した米医療機関が80%に上ることが分かった。米調査会社Ponemon Instituteが10月20日に公開した調査報告書で、医療情報の電子化におけるプライバシー保護の実態について指摘した。

 調査はLogLogicがスポンサーとなり、Ponemonが平均1000人の従業員を抱える医療機関のIT管理者542人を対象に電話でアンケートを実施した。

 2008年に患者の医療データが紛失したり、盗難に遭ったりした医療機関は全体の80%を占め、うち4%は5回以上経験していた。データ侵害に伴う患者1人当たりのコストは平均210ドル以上だった。

 約3分の2の医療機関では25%の患者の情報を電子化しており、75%は半分以上を電子化しているという。プライバシー保護への取り組みでは、約70%の回答者が「経営管理者はデータとプライバシーのセキュリティに優先順位を持たせていない」と答えた。53%は既存のセキュリティ対策が効果的であると考えながらも、プライバシー保護のプロセスが適切に行われていないと述べた。

 Ponemonは、医療情報の有効利用などを目的に電子化が推奨されているが、医療機関の多くはプライバシー保護に必要なリソースを確保できず、また、経営幹部によるサポートが欠けていると報告書で指摘。患者の医療情報がコンピュータ犯罪などの危険に晒されていると警鐘を鳴らしている。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

プライバシー | 情報流出


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -