ニュース
» 2009年10月22日 18時14分 公開

ミラポイント、遠隔バックアップ対応の新OSをリリース

ミラポイントはメールアーカイブ用アプライアンスの最新版OSを公開し、同OS搭載の製品を11月から出荷する。

[ITmedia]

 ミラポイントジャパンは10月22日、メールアーカイブアプライアンス「RazorSafe」用OSの最新版(v.4.3)を公開し、遠隔地へのバックアップ機能などに対応した。同OS搭載のアプライアンスを11月11日から出荷する。

 最新版では、遠隔地へのデータバックに対応したことで災害時などにおける事業継続を支援できるようにしたほか、差分データと全体データの統合を自動化した「インテリジェントバックアップ」機能などを搭載。バックアップの集中管理が可能になり、データ移動の際のポリシー設定を一元的に行うことで、人為的なエラーの回避や運用管理の効率化を実現するという。

 また、RAIDアレイやファイルシステムの空き容量、メールサーバの通信状況などを包括的にチェックできるようにした。SNMPモニタリング機能も搭載し、HP Open ViewやIBM Tivoliなどの運用ツールでアプライアンスを管理できる。このほか、ネットワーク帯域幅の状態に応じたフェッチの実施、保守などの目的にしたアウトバウンド通信でのSSH接続にも対応している。

 既存ユーザーは無償アップデートできる。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

メールアーカイブ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -