ニュース
» 2009年10月23日 08時00分 公開

オープンソースを好む中国、8割が「オープンソースを利用中」

Actuateが行ったオープンソースに関する年次調査では、新たに調査対象に加えられた中国におけるオープンソースの利用が進んでいることが分かった。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 米Actuateは米国時間の10月21日、オープンソースに関する年次調査「2009 Actuate Open Source Survey」を一般公開した。第4回目となる今年は中国も調査対象に含み、北米、英国、フランス、ドイツ、中国の5カ国それぞれの状況をまとめた。

 この調査は、独立調査機関のSurvey Interactiveが今年6月に行ったもの。米、英、独、仏、中国の5カ国で財務サービス、公共機関、製造業などさまざまな業種の担当者に、オープンソースソフトウェアの利用状況、採用を決定した理由などについて聞いた。中国は今年はじめての調査となる。

 調査では、中国では回答者の80.3%が「オープンソースを利用している」とするなどオープンソースの利用が進んでいることが分かった。理由は、ほかの地区と同様に「ライセンスコスト」が多かった(74.5%)が、「ソースコードにアクセスできる」と回答した人も72.6%いたという。

 調達の意思決定に当たり、「オープンソースは明確に選択肢に入っている」と回答した人は51.9%で過半数を占めたが、「オープンソースは優先的な選択肢」は43.3%にのぼるなど、オープンソースに好意的なことが分かった。

 このほかの地区では、「オープンソースを利用している」と回答した人が多かったのは欧州大陸で、フランスでは67%、ドイツは60.6%だった。一方、英国では42.1%、北米では41%だった。「オープンソースのメリットは阻害要因を上回る」とする人は、ドイツは前年より増加し62%となったが、英国では47%となり、前年の54%から減少した。北米は56.8%で、「オープンソースのメリットが阻害要因を上回るとは思わない」とした8.4%を大きく上回った。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -