レビュー
» 2009年10月26日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:今、分散型企業が考えるべきネットワーク構築手法

各地に複数の拠点を抱える分散型企業モデルでは、大きな機会を創出する反面、リスクも伴う。「いつでも」「どこでも」「誰でも」一貫したビジネスサービスを活用するために、考えるべきネットワーク構築手法について解説する(提供:ジュニパーネットワークス)。

[PR/ITmedia]

 近年、企業にとって分散型モデルへのシフトは、戦略面からも必要不可欠な急務となっている。しかし、以下に挙げるような課題を同時に解決できるネットワークは構築されているだろうか。

<コネクティビティ> ネットワークの複雑化、データ容量の増加

<セキュリティ> 巧妙化する攻撃の手口、アクセスユーザーの多様化

<管理可能性> さまざまなテクノロジーや管理コンソールの混在

<総所有コスト(TCO)> 複数の製品が混在することによる効率性の低下

 これらの課題を1つでも解決できない場合、分散型企業の戦略、生産性、あるいは事業での成功に直接影響を及ぼす可能性がある。本資料では、分散型企業がネットワークによる制限なく、ビジネスを確実に促進させるために考えるべきネットワーク構築手法について、ビジネス面やテクノロジー面のトレンドを交えながら紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -