ニュース
» 2009年10月28日 14時48分 UPDATE

フォーティネット、DBセキュリティ用OSを機能強化

フォーティネットは、データベースセキュリティアプライアンス用ソフトの最新版を発表し、パフォーマンスの向上などを図った。

[ITmedia]

 フォーティネットジャパンは10月28日、データベースセキュリティアプライアンス用ソフトの最新版「FortiDB 4.0」を公開した。運用性の向上やパフォーマンスの向上などを図ったという。

 運用面の改善では、脆弱性評価やデータベース監視の機能を導入、管理しやすくすることを目的に、ポリシーの集中管理とメモリ参照型の新しいデータ管理方法を採用した。これにより、監視と監査ポリシーをセットで定義したり、データベース管理をグループ化して対応したりでき、監査やリポート作成などが効率化される。

 また、新しいアーキテクチャの採用で1台のシステムで1日当たり数億もの監査記録を処理できるようにし、パフォーマンスが従来比で5〜10倍に向上した。

 最新版へのアップグレードは、11月からすべてのFortiDBアプライアンスで可能になる。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

データベースセキュリティ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -