ニュース
» 2009年11月02日 13時26分 UPDATE

JA全農、全国750事業所のエネルギー使用量をASPサービスで測定

全国農業協同組合連合会は、エネルギーの使用量を把握するASPサービスの利用を全国の事業場で開始した。省エネ法改正で求められる管理業務の効率化が狙いだ。

[ITmedia]

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は11月2日、エネルギーの使用量を把握する環境情報管理サービスの利用を、全国の事業場で開始した。サービスを提供した日立製作所が同日に発表した。

 採用したのは日立製作所がASP形式で提供している環境情報管理サービス「EcoAssist-Enterprise-Light」。JA全農が約750カ所の事業所で使用するエネルギー量を集計、可視化する。「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)の改正で求められる管理業務、届け出や環境関連の報告書作成の効率化につなげるのが狙い。

 EcoAssist-Enterprise-Lightは、多数の拠点の電力やガスの使用量を集計し、エネルギーごとに比較や分析ができるサービス。改正省エネ法向け定期報告書の作成にも活用できる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

省エネ法 | 日立製作所


関連ホワイトペーパー

ASP | 日立製作所


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -