ニュース
» 2009年11月04日 08時41分 UPDATE

Cisco、EMC、VMwareがプライベートクラウド促進の「Virtual Computing Environment」発表

新アライアンスは企業のデータセンター仮想化をサポートするパッケージインフラ製品「Vblock」と、Vblockの導入・運営を支援する合弁企業「Acadia」を発表した。

[ITmedia]

 米Cisco、米EMC、米VMwareは11月3日、データセンター仮想化プライベートクラウドへの移行の促進を目的としたアライアンス「Virtual Computing Environment」を発表した。あらゆる規模の企業が低リスク、低コストで効率的にデータセンター仮想化を実現することを支援するとしている。

 Virtual Computing Environmentは最初の製品として、3社の製品や技術を統合したプライベートクラウド構築のためのパッケージ製品「Vblock Infrastructure Packages」を発表した。同製品は3エディションで構成されている。最上位エディションの「Vblock 2」は、Ciscoのデータセンター向けアーキテクチャ「Unified Computing System(UCS)」およびスイッチ「Nexus 1000v」「MDS」、EMCのストレージアレイ「Symmetrix V-Max」、VMwareの仮想化プラットフォーム「vSphere」で構成されており、3000〜6000の仮想マシン(VM)をサポートする。

 CiscoとEMCは同日、Vblockのインフラの構築・運営をサポートする合弁企業「Acadia」の設立も発表した。AcadiaにはVMwareとIntelも出資している。2010年1〜3月期にサービスを開始する予定だ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -