ニュース
» 2009年11月04日 18時46分 UPDATE

東邦銀行、営業店舗向け新システムを2011年度に稼働へ

東邦銀行は、営業店舗用のシステムを新たに構築する。システムの稼働は2011年度中を予定している。

[ITmedia]

 東邦銀行は、顧客の待ち時間の削減や業務の効率化を狙い、営業店舗用のシステムを新たに構築する。システムの稼働は2011年度中を予定。システム構築を受注した日立製作所が11月4日に発表した。

 営業店舗用システムを新たに構築する狙いは、店舗相談機能の強化。顧客からの相談や窓口業務の処理ができる専用端末を設置し、顧客の記入書類の手間や待ち時間の短縮につなげる。

 システム構築には、日立製作所の金融向け統合チャネルソリューション「FREIA21+」を採用。営業店の窓口やATM、インターネットなどのチャネルを連携し、専用端末で表示できるのが特徴。営業店舗向けのシステム構築の実績やソリューションの拡張性を評価し、採用を決めた。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

日立製作所 | 専用端末 | ATM


関連ホワイトペーパー

日立製作所 | システム構築


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -