ニュース
» 2009年11月06日 12時55分 UPDATE

日本PGP、周辺機器やアプリケーションの利用を制御するセキュリティ製品

日本PGPは、ホワイトリストで周辺機器やアプリケーションの利用を制御するセキュリティ対策製品を発売する。

[ITmedia]

 日本PGPは11月6日、周辺機器の利用を制御する「PGP Endpoint Device Control」と、アプリケーションの利用を制御する「同Application Control」を16日に発売すると発表した。

 新製品は、いずれもホワイトリストを用いてユーザーが利用できるデバイスやアプリケーションを制御する。Device ControlではUSBポートなどを常時監視し、接続されたリムーバブルメディアなどの周辺機器を自動検出して承認されたデバイスかどうかをホワイトリストに照らして確認する。許可されたデバイスでもポリシーに基づいてアクセス制御暗号化を適用できる。

 Application Controlでは、PCやネットワークサーバ、ターミナルサーバ、シンクライアントなどに対しホワイトリストで事前に承認されたアプリケーションだけを実行できるようにする。未登録のアプリケーションを禁止でき、未知のマルウェアや不正ソフトによるセキュリティ侵害からコンピュータを保護する。管理サーバからポリシーを配信できる仕組みで、POS端末などの組み込み型システムなどでも運用できるという。

 新製品は、日本IBMや日本システムディベロップメントなど同社販売代理店から提供される。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連ホワイトペーパー

暗号化 | 情報漏洩


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -