レビュー
» 2009年11月09日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:潜在価値を引き出してスリムなITを 〜CA Service Management Solutions〜

景気低迷期に求められるITの役割は、単なるコスト削減ではなく、ムダをそぎ落として潜在価値を引き出すこと。しかし、ではどのように? 本資料ではそのアプローチと、手段となるCAソリューションをご紹介する(提供:日本CA)。

[PR/ITmedia]

 「ITの運用管理」は、とかく「インフラストラクチャの維持」だと、とらえられがちだ。しかし本来のIT(=情報の技術)は、情報を巧みに操り、事業・顧客の価値を生み出すための手段である。そこでITの運用に求められるのは、「一定時間に生み出される価値を最大化する(Time to Value)」こと、と言えよう。

 一方、オープン化やインターネットから、昨今の仮想化やクラウドなど、インフラそのものの進展と複雑化は、ITの本質を見失わせやすい。本来あるべき「潜在価値を生み出すIT」を築くことこそ、この時代が求めるITの使命ではないだろうか。

 本講演資料では、「顧客の価値を生み出すサービス」たるべきITの、現状の問題点を足元から洗い出し、組織に根付いた改善活動の歯車を回すために、CAがご提供できるサービスやソリューションをご紹介する。

※『@IT情報マネジメント・カンファレンス』での配布資料

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -