ニュース
» 2009年11月09日 07時07分 UPDATE

「Google Chrome」の更新版がリリース、2件の脆弱性を解決

「Google Chrome 3.0.195.32」ではGearsのプラグインに関するメモリ破損の脆弱性など2件のセキュリティ問題を修正した。

[ITmedia]

 米Googleはブラウザ「Google Chrome」の更新版となるバージョン3.0.195.32をリリースし、複数の脆弱性を解決した。

 Google Chrome Releaseブログによると、更新版ではGearsのプラグインに関するメモリ破損の脆弱性と、JavaScriptを実行できてしまうSVG、MHT、XMLなど潜在的に危険なファイルタイプに対しユーザーへの警告が表示されない問題に対処した。深刻度はメモリ破損の脆弱性が「高」、ファイルの警告問題は「中」程度となっている。

 セキュリティ問題以外にも、Adobe Acrobat Reader 9.2でコンテンツが表示されない問題など、安定性に関する幾つかの問題が修正されている。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -