レビュー
» 2009年11月10日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:作り直さない業務アプリケーションのリニューアル 〜最小限の工数で入力操作性を改善する方法〜

システム全体のパフォーマンス向上には、インタフェース部分である入力フォームの使い勝手を最適化する必要がある。本稿では最小限の工数で最大限の効果を発揮するWindowsフォームのリニューアルを提案する(提供:グレープシティ)。

[PR/ITmedia]

 データ入力は、業務アプリケーションの中でも利用頻度の高い作業の1つだ。入力作業の効率化を図ることは、利用者の生産性を高めて企業全体のパフォーマンスを向上させるメリットがあるといえる。

 すべての業務アプリケーションに必要不可欠なUI要素とは、文字や数値などデータの入り口となる“テキストボックス”だ。多くの利用者が何度も使う部分だけに、使いやすいインタフェースへの要求は高い。しかし、既存システムで「使い勝手を変えること」だけを目的としたリプレースに、費用と工数をねん出するのは困難である。

 このホワイトペーパーでは、既存の入力フォームを最小限の工数で機能を追加し、生産性を向上させるWindowsフォームにリニューアルする方法を提案する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -