ニュース
» 2009年11月12日 15時29分 UPDATE

「攻めの経営」は一休み――IDC Japan調査

IDC Japanは、ビジネスコンサルティング、BPOサービスから構成される国内ビジネスサービス市場規模予測を更新した。「攻めの経営」を目指す戦略コンサルティング案件の減少などにより、前回の予測より控えめな数値が出ている。

[西尾泰三,ITmedia]

 IDC Japanは11月12日、ビジネスコンサルティング、BPOサービスから構成される国内ビジネスサービス市場規模予測をアップデートした。

 2009年4月に同社が発表した同市場の予測を、2009年上半期の市場動向を分析して見直したもので、更新後の2009年国内ビジネスコンサルティング市場の成長率は前年比マイナス2.8%、BPOサービス市場では前年比プラス4.9%となる見込みであるとしている。この数値はアップデート前からそれぞれ1.1ポイント、0.5ポイント悪化している。市場規模としては、2009年のビジネスコンサルティング市場は2861億円、BPOサービス市場は9775億円であるという。

 前者については、コスト削減のための業務改善や、コンプライアンス対応などのコンサルティング需要は堅調であるものの、「攻めの経営」を目指す戦略コンサルティング案件は減少することがマイナス成長の要因であると分析。後者については、景気が悪化しても企業における人事や経理の業務量を急激に減少させることは不可能であり、さらにコスト削減のためのBPOサービス需要も発生していることなどから、成長率が低下するものの、プラス成長を維持すると同社は予測している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -