ニュース
» 2009年11月12日 19時58分 UPDATE

エアー、仮想化対応のデータベース監査ソフトを発売

エアーはVMware環境で動作するデータベース監査製品「Guardium」のソフト版を発売した。

[ITmedia]

 エアーは11月12日、米Guardiumが開発したデータベース監視製品「Guardium(旧SQL Guard)」のソフトパッケージ版を発売した。

 Guardiumはデータベースのトラフィックを監視してユーザーの特定や時間、場所、操作内容、を検出してリポートを生成し、同時にリアルタイムの接続遮断やアラート通知ができるのが特徴。Oracle、SQL Server、DB2、Sybase、Informix、MySQLなどの混在環境にも対応する。

 同社ではこれまでアプライアンス製品を提供してきたが、ソフトパッケージの提供でユーザーは必要に応じていずれかの製品を選択できる。対応プラットフォームはVMware ESX Server 3.x以上。価格は590万円からとなっている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -