ニュース
» 2009年11月20日 07時00分 UPDATE

JavaScriptアプリケーションサーバ「Persevere 1.0」リリース

JavaScriptベースのデータ主導型リッチインターネットアプリケーションを迅速に開発できるJavaScriptアプリケーションサーバ「Persevere 1.0」がリリースされた。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 JavaScriptアプリケーションサーバを開発するPersevereプロジェクトは11月13日、Google Code上で「Persevere 1.0」を公開した。JavaScriptベースのデータ主導型リッチインターネットアプリケーション(RIA)を迅速に開発できるという。

 Persevereは、Dojo Foundationのオープンソースプロジェクト。HTTP/REST、JSON-RPC、JSONPath、REST Channelsなどの標準ベースの通信プロトコルを利用し、クライアントとサーバで相互運用性のあるフレームワークの提供を目指す。

 中核となるのは、JavaScriptアプリケーションサーバ「Persevere Server」とJSONストレージ。Persevere Serverは「Rhino」(MozillaによるJavaScriptのJava実装)を利用したJavaScript環境で、JSONデータのパーシスタントデータストレージを提供する。データはスキーマフリーで保存され、RESTful JSONインタフェースによりデータの読み込み/作成/更新/削除などを行う。クエリはJSONQuery/JSONPathを利用、Rest ChannelsとBayeuxに対応したCometベースのデータモニタリング機能も提供する。

 Persevere JavaScriptクライアントを含むが、標準ベースのインタフェースによりほかのフレームワークやクライアントも利用できるという。プラグインアーキテクチャにより、SQLテーブルやXMLファイルをデータソースとして利用できる。

 Persevereは、修正BSD Licenseの下でコードが公開されている。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -