ニュース
» 2009年12月01日 12時55分 UPDATE

TOTO、日本IBMと5年6カ月のアウトソーシング契約を締結

TOTOは情報システム全般の開発、運用、保守を日本IBMにアウトソーシングする。契約期間は10月から2015年3月までの5年6カ月間としている。

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は12月1日、TOTOと情報システムの開発、運用、保守におけるアウトソーシング契約を締結したと発表した。契約期間は10月から2015年3月までの5年6カ月間。

 アウトソーシングの対象は、アプリケーションの開発、保守、ホストコンピュータやサーバの運用、保守、ネットワークの運用など、TOTOの情報システム全般にわたる。システムの企画立案はTOTOの情報システム部門が担当する。

 日本IBMは情報システムの運用、保守に当たり、電気系統を二重化し、免震構造を採用している同社の大阪南港データセンターを使う。

関連キーワード

IBM | 保守 | アウトソーシング | TOTO


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ