ニュース
» 2009年12月01日 15時11分 UPDATE

bit.ly、スパム対策でVeriSign、Websense、Sophosと提携

Twitterなどで利用されているURL短縮サービスのbit.lyが、新ツールの採用でスパム・マルウェア対策を強化する。

[ITmedia]

 URL短縮サービスの米bit.lyは11月30日、米VeriSign、米Websense、米Sophosとの提携により、スパムおよびマルウェア対策を強化する3つの新機能を向こう数週間のうちに追加すると発表した。

 1つはVeriSignの「iDefense」IP評価サービスで、URLやIPアドレスのブラックリストマルウェアを排除する。2つ目はWebsenseの「Threatseeker Cloud」で、bit.lyはこのサービスをスパム対策ツールに追加することで、リアルタイムでリンク先のコンテンツを分析する。3つ目はSophosの「WebAlert Service」。Webページがマルウェアに感染すると自動的にアラートを表示するサービスだ。

 同社のURL短縮サービスは、140文字という制限のあるTwitterで主に利用されているが、リンク先に飛ぶまで実際のURLが見えないため、フィッシングの危険があるとされている。同社はこうした指摘に対し、Spam URI Realtime Blocklists(SURBL)やGoogle Safe Browsingといったスパムフィルタリングサービスの採用で対応してきたが、今回の新機能追加でセキュリティ対策を強化する意向だ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -