ニュース
» 2009年12月01日 16時58分 UPDATE

エフセキュア、負荷を軽減したWindows用セキュリティ製品を発売

エフセキュアは、企業向けWindows用セキュリティ製品の最新版を発売した。メモリ使用量やスキャン時間、起動時間を大幅に改善している。

[ITmedia]

 エフセキュアは12月1日、企業向けWindows用統合セキュリティ製品の最新版「エフセキュア クライアント セキュリティVer.9.00」と、「同アンチウイルス ワークステーションVer.9.00」を発売した。

 両製品は、Windows端末でのウイルス/スパイウェア/ルートキット対策と、不正侵入防止、アプリケーション制御などの機能を統合し、集中管理が行える。最新版では、メモリ使用量を約70%削減し、起動時間やスキャン時間を半分に短縮した。

 また、未知の脅威からシステムを保護する独自のホストベース不正侵入防止技術(HIPS)の「ディープガード 2.0」を搭載している。無料で提供する一元管理ツールもバージョンアップし、Webリポーティング画面を含むGUIのデザインの改良で操作性を高めた。新しいブラウザ保護機能の管理・設定も追加している。

 対応OSは、Windows 7、Vista、XP、Windows Server 2008の32ビットおよび64ビット版となっている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -