ニュース
» 2009年12月02日 08時04分 UPDATE

BlackBerryサーバソフトに脆弱性、RIMが対処

細工を施したPDFファイルをBlackBerry端末で参照すると、サービスを実行しているシステム上で任意のコードを実行される恐れがある。

[ITmedia]

 Research In Motion(RIM)は12月1日、BlackBerryのサーバソフトにPDFファイルの処理に関する脆弱性が確認されたとして、問題解決のためのセキュリティアップデートをリリースした。

 アドバイザリーによると、影響を受けるソフトはBlackBerry Enterprise ServerとBlackBerry Professional Software。BlackBerry Attachment ServiceコンポーネントのPDF Distillerに複数の脆弱性があるという。

 攻撃者がこの問題を突いて細工を施したPDFファイルをメールなどで送りつけ、ユーザーがBlackBerry端末でそれを参照すると、BlackBerry Attachment Serviceを実行しているシステム上で任意のコードを実行されたり、サービス妨害(DoS)状態を誘発されたりする恐れがある。

 CVSSスコアによるリスク評価は5.7〜9.3(最高値10.0)となっている。回避策として、管理者側ではBlackBerry Attachment ServiceでPDFファイルを処理できないようにする方法を紹介し、BlackBerryのユーザーに対しては、不審な添付ファイルなどを開かないように呼び掛けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -