ニュース
» 2009年12月11日 13時15分 UPDATE

メールセキュリティの複数機能を統合した新製品、HDEが発売

HDEは、これまで個別製品で提供してきたメールセキュリティの各種機能を1つに統合した「Secure Mail FINAL」を発売する。

[ITmedia]

 HDEは12月11日、電子メールの誤送信防止や情報漏えい対策などの複数機能を統合したメールセキュリティ製品「HDE Secure Mail Final」を、2010年2月15日に発売すると発表した。

 新製品は、これまで個別製品で提供してきた送信メールの一時保留・取り消し、Webでのメールダウンロード、添付ファイルのZIP暗号化といった機能を統合したもの。また、自社内で構築できるWebでのファイル転送機能を新たに搭載した。

 同製品を利用することで、送信メールを指定時間内に一時的に保留し、送信者が再チェックすることで誤送信による情報漏えいを抑止できる。また、大容量ファイルの転送を外部サービスに依存することなく容易に自社で提供できるため、セキュリティ強化につながるという。

 価格は100ユーザー時が100万円、500ユーザー時が200万円、1万ユーザー時が300万円など。動作プラットフォームはRed Hat Enterprise Linux 5.x for x86、x86-64。従来製品となる「HSMZ」(ZIP暗号化)、「HSMOS」(メールダウンロード)、「HMC」(送信の一時保留)のユーザーがSecure Mail Finalに移行する場合には、優待価格で提供する予定だという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

HDE | 暗号化 | 誤送信 | 情報漏洩対策


関連ホワイトペーパー

暗号化 | メールセキュリティ | 誤送信


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -