ニュース
» 2009年12月14日 14時20分 UPDATE

ビットアイル、デジタルコンテンツサービスのインフラ構築にSystem xを採用

ビットアイルは、デジタルコンテンツの映像製作や編集ができるサービスのインフラをSystem xで構築した。

[ITmedia]

 ビットアイルは12月14日、同日に提供を開始するデジタルコンテンツ制作の環境をネットワーク経由で提供するサービスのハードウェアに、日本アイ・ビー・エム(日本IBM)のx86サーバIBM System x」を採用したと発表した。

 ビットアイルが提供を開始した「デジタルコンテンツ制作事業者向けオンデマンドサービス」のハードウェアに、IBM System xを選んだ。高精細な映像の製作や編集ができる同サービスでは、高速処理ができるHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)環境の構築を必要としており、信頼性や高集積性に長けたIBM System xを採用した。

関連ホワイトペーパー

IBM(アイ・ビー・エム) | x86




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ