ニュース
» 2009年12月17日 16時50分 UPDATE

ワコール、百貨・量販店のクライアントPC環境にシンクライアントを採用

ワコールは、全国に展開している百貨・量販店のクライアントPC環境を日立製作所の「セキュアクライアントソリューション 統合型」でシンクライアント化した。今後適用範囲を拡大していく意向。

[西尾泰三,ITmedia]

 女性下着などを中心とした衣料品メーカーのワコールは、全国に展開している百貨・量販店(約800店)における売り上げ在庫管理などを行うためのクライアントPC環境として、日立製作所のシンクライアントシステム「セキュアクライアントソリューション 統合型」を採用、本格稼働を開始した。システムを構築した日立と日立システムアンドサービスが12月17日に発表した。

tnfighitachi.jpg システム概要図(出典:日立製作所)

 運用管理負荷の削減と情報セキュリティ確保の両立を図るべく構築されたシンクライアント環境は、ハードウェアが日立のブレードPC「FLORA bd500」約800台と、ノート型のシンクライアント端末「FLORA Se210」約800台で構成され、仮想デスクトップ環境の構築にはCitrix XenDesktopが採用されている。

 日立のセキュアクライアントソリューションには、XenDesktopを用いる統合型のほか、遠隔地のシンクライアント端末から自席PCへのアクセスを実現する「ポイント・ポイント型」、ユーザーが1台のクライアントブレードを占有できる「ポイント・ブレード型」、Citrix XenAppを利用した「センター型」といった接続方式が提供されている。ブレードPCを用いたシンクライアントソリューションは同社が積極的に展開している。

 ワコールでは、今後、ほぼすべての百貨・量販店に対して同システムの導入を進めていくとしている。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -