レビュー
» 2010年01月06日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:【運用管理コストの削減に効果】ITインフラの全体最適を目指す「仮想化」の導入事例

ネットワーク機器も集約と仮想化することでどのような効果があるのだろうか? ネットワークリソースを共有、余剰投資を回避できること。アプリケーションやトラフィックの成長に合わせて簡単に拡張できること……(提供:F5ネットワークスジャパン)。

[PR/ITmedia]

 サーバの台数削減に効果が高いサーバ仮想化が注目されている中、ITインフラ全体を見渡すと他にも仮想化できる部分があります。

 ストレージとネットワークです。

 運用管理コストのオーバーヘッドとなっているITインフラの各部分(サーバ/ストレージ/ネットワーク)に注目し、それぞれに対しどのように仮想化技術を導入し運用できるのかを事例を交えてご紹介します。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -