レビュー
» 2010年01月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「ETLツールは本当にお得か?」手組み開発と比較した工数削減効果を検証

BI/DWHシステムの構築期間を短縮し、信頼性を向上させるといわれるETLツール。しかし、ツールに対する投資は回収できるのだろうか? 実際のプロジェクト事例を基に、ETLツールの工数削減効果を検証する(提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)。

[PR/ITmedia]

 ETLツールは、BI(ビジネスインテリジェンス)やDWH(データウェアハウス)のシステム構築をはじめ、SAPアプリケーションやSalesforceアプリケーションなど企業内外のさまざまな情報システム間のデータ連携基盤として活用されている。システム構築期間の短縮、データ品質の向上、プログラムの可視化、運用の効率化など、ETLツールのメリットは既に広く認知されている。

 しかし費用対効果を考えた場合、「ツールの導入に見合うだけのメリットは本当にあるのだろうか?」と疑問に思われる方も多いだろう。そこで本ホワイトペーパーでは、大規模システムに求められる高速性と可用性を備えたETLツール「PowerCenter」を使った開発プロジェクトと、ETLツールを使わずにスクラッチ開発を行った場合との工数を、新規プロジェクトと追加開発それぞれの場合で試算・比較した結果を紹介する。また、PowerCenterによる費用削減効果とともに、製品の特徴も分かりやすく紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -