ニュース
» 2010年01月13日 18時10分 UPDATE

NRIセキュア、秘密分散技術を用いたデータ管理サービスを提供へ

NRIセキュアテクノロジーズは、、秘密分散技術を用いて分割した重要データを管理する新サービスを今秋に始める。本サービスに先立つ実証実験を3月に実施するという。

[ITmedia]

 NRIセキュアテクノロジーズは1月13日、秘密分散技術を用いて分割した重要データを複数のデータセンターで管理する新サービスを今秋に始めると発表した。本サービスに先立つ実証実験を3月1日から実施する。

 計画する新サービスは、グローバルフレンドシップが開発したアルゴリズム「GFI電子割符」を利用し、重要なデータを分割して複数のデータセンターで管理・保護するもの。分割されたデータの一部は単体では意味をなさず、異なる複数の場所で保管することで重要データを安全に管理できるという。

 同社の独自調査によれば、企業がクラウドコンピューティングの利用で懸念する点として、社外に重要情報や機密情報を出すことへの不安が最多を占めたという。新サービスはこうした不安を解消する目的で提供するとしている。

 実証実験では、認証されたユーザーが特別な操作を伴うことなく、分散管理されている重要データを容易に復元したり、編集や閲覧などの操作をしたりできるか検証する。同社では実証実験に参加する一般企業やデータセンター事業者などを併せて募集している。

関連ホワイトペーパー

クラウドコンピューティング | 機密情報


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -