ニュース
» 2010年01月13日 19時26分 UPDATE

NEC、中堅中小企業もターゲットにした「iStorage HSシリーズ」新モデルを販売開始

NECは「iStorage HS(HYDRAstor)シリーズ」に、低価格化と処理性能向上を図った新モデルを追加。中堅中小企業にも手の届く製品と位置付け販売する。

[ITmedia]

 NECは1月13日、「iStorage HS(HYDRAstor)シリーズ」のラインアップに「iStorage HS8-20S 3.5TBモデル」を追加。同日より販売開始した。

 iStorage HS8-20Sは、標準的な19インチラックに搭載可能なモデル。また既存製品よりディスク容量を半分に抑え低価格化(最小構成価格は税別950万円で、従来より30%以上安価になった)するとともに、データの重複排除や分散冗長配置を行うアクセラレータノードとデータを保管するストレージノードにおいて、ノード間の負荷分散を最適化し、バックアップ時の処理性能を最大1.7倍に向上した。これらにより、中堅中小企業ユーザーでも手の届く製品になったと、NECは位置付ける。出荷時期や最小構成時のノードは以下のとおり。

製品名 税別価格 出荷時期 備考
iStorage HS8-20S 3.5TBモデル 950万円〜 1月18日 アクセラレータノード×1、ストレージノード×2、基本制御ソフトウェア

 なお上述の重複排除や分散冗長配置に加え、データの改ざんを防ぐWORM(Write Once Read Many)機能や、遠隔地へのレプリケーションバックアップ時にパケットを暗号化する機能などは、従来品と同様に利用できる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -