レビュー
» 2010年01月18日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:業務システムのRIA開発プロセスを1/3にカットする方法

RIAでは、クライアント/サーバ/通信の3つの開発プロセスを並行するのが一般的だ。ここでは、1つの開発プロセスでRIA開発できる革新的フレームワークを、一般的なRIAとのコーディング比較を交えて紹介する(提供:マジックソフトウェア・ジャパン)。

[PR/ITmedia]

 SilverlightやFlex、AIRなどのRIA開発テクノロジーの進化が注目されているが、業務システムでのRIAの利用はいまだに限定的であり、主なERPパッケージやほとんどの業務アプリケーションは依然としてクライアント/サーバ型で開発されている。業務システムでRIAがほとんど使われていない理由は何か?

 RIA開発においては、クライアント側とサーバ側、及びその間の通信・制御プログラムを個別に開発するため、最低でも3つの開発プロセスを並行させるのが一般的である。これがRIA開発プロジェクトを複雑化し、長期化、高コスト化する原因となっている。

ここではクライアント/サーバと同じ1つの開発プロセスで『早く』『安く』ビジネスRIAを開発できる、実績ある開発フレームワークを紹介するとともに、一般的なRIA開発のコーディング例との比較でその違いを明らかにする。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -