ニュース
» 2010年01月21日 07時00分 UPDATE

RambusとSamsung、メモリ特許めぐる紛争で和解

和解の一環として、SamsungはRambusから特許技術のライセンスを受ける。

[ITmedia]

 韓国のSamsung Electronicsと米Rambusは1月19日、メモリ技術の特許をめぐる紛争で和解したと発表した。

 和解の一環として、SamsungはRambusの特許のライセンスを受け、初めに2億ドルを支払い、その後5年間、四半期ごとに約2500万ドルを支払う。またSamsungは、Rambusの株式に2億ドルを投資する。両社はメモリ技術の開発で協力する覚え書きも交わした。

 Rambusは2005年にSamsungをDRAM特許の侵害で提訴し、係争を続けていた。

関連キーワード

Rambus | Samsung | 特許 | 特許侵害 | DRAM


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -