レビュー
» 2010年01月18日 17時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:USB経由のウイルス感染件数が増大! ウイルスが感染するチャンスを失くすには!?

最近ではインターネット経由より外部媒体経由のウイルス感染が急増! 情報漏洩対策はもちろん、これからのUSBメモリはウイルス対策機能も必須の時代へ(提供:イーディーコントライブ)。

[PR/ITmedia]

 これまで1位だった「インターネット経由」を抜いて、ウイルス感染経路として「外部媒体・持込PC」が全体の40.9%(2008年)と急上昇し1位になったという驚くべき報告がある。どこでも使えるUSBメモリの利点が、ウイルス感染してしまうとどこへでも感染してしまう脅威と化しているのだ。

 例えば「業務委託先PCのウイルス対策ソフトが更新されていなかった」「取引先から受け取ったUSBメモリが感染していた」などが原因で社内に被害が及ぶケースも少なくない。

 本ホワイトペーパーでは、このようなUSBメモリによるセキュリティホールをできるだけ小さくするために、3段階のウイルスブロック機能を持つセキュリティUSBメモリ『Sdcontainer 5.0 V』を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -