ニュース
» 2010年01月27日 11時35分 UPDATE

北陸コカ・コーラ、基幹システムをOracle Exadata1台に集約

北陸コカ・コーラボトリングは、基幹系業務システムとデータウェアハウスをOracle Exadataに集約し、稼働を開始した。

[ITmedia]

 北陸コカ・コーラボトリングは、運営する基幹系業務システムとデータウェアハウスを単一のデータベースシステムに集約し、稼働を開始した。データウェアハウスのアプライアンス製品を提供した日本オラクルが1月26日に発表した。

 北陸コカ・コーラは2009年4月、基幹システムの運用コスト削減、製品の調達、生産、販売、在庫関連の情報を活用できるシステム基盤を整備するため、データウェアハウスアプライアンス「Oracle Exadata」1台を採用。基幹システムのデータベースおよびデータウェアハウスの集約を開始した。

 Oracle Exadataの導入により、飲料製品の販売データの検索時間を37分の1に短縮できた。また基幹システムにあるデータをOracle Exadataに連係する時間は最大36分の1になったという。データウェアハウスのバッチ処理が不要となり、データを即時に分析できるようになったとしている。

 北陸コカ・コーラの100%子会社であるヒスコムが、Oracle Exadataを使ったシステム統合を担当した。北陸コカ・コーラでは、天候や消費者の好みで変わる飲料製品の販売傾向から売り上げの増加を導くため、基幹系統合データベースと分析専用のデータウェアハウスを連係した基幹システムを稼働させてきた。システムの老朽化が進み、運用コストも膨らんできたため、システムの刷新を検討。Oracle Exadataの採用に至った。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -