ニュース
» 2010年02月04日 16時09分 UPDATE

HDE、中堅・中小向けメールセキュリティアプライアンスの新製品

HDEは、従来モデルに比べてパーフォンマンスを2倍に高めたメールセキュリティアプライアンスの新製品「tapirus Mi2000」を発売する。

[ITmedia]

 HDEは2月4日、中堅・中小企業向けメールセキュリティアプライアンスの新製品「tapirus Mi2000」を26日に発売すると発表した。

 tapirusアプライアンスは、スパム対策製品「HDE Anti-Spam」と同等の検知エンジンを採用したスパム対策機能と、エフセキュアのウイルス検出エンジンを利用したウイルスメール対策機能を提供する。日本語によるスパムメールで高い検出精度を実現しているという。

 新製品では、CPUにIntel Xeon X3440(2.53GHz)を採用したハードウェアを利用しており、従来モデルのtapirus Mi1000に比べてパーフォマンスを2倍に高めた。OSやアプリケーションなどをインストール済みで、容易に導入できるとしている。

 本体価格は79万8000円、次年度以降のサポート費は29万4000円となる。

関連ホワイトペーパー

メールセキュリティ


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -