レビュー
» 2010年02月05日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:大手企業の導入事例から学ぶ、情報漏洩対策のベストプラクティス

情報セキュリティ対策ソフトウェアの導入・運用にあたっては、カタログからは見えにくい注意点やノウハウがある。複数の大手企業の導入事例から共通点を抽出し、導入・運用の勘所をまとめた(提供:インテリジェント ウェイブ)。

[PR/ITmedia]

 情報漏洩・流出事件が後を絶たない。情報セキュリティ対策ソフトウェアの導入を考えている企業も多いだろう。情報セキュリティ対策を行うことは、多かれ少なかれ、社内の業務プロセスに影響を与えるが、実際にどのような影響があるか、導入・運用にあたりどのような注意点・ノウハウがあるのかは、実際に導入してみないと分からないことも多い。

 そこで、情報セキュリティ対策ソフトウェアの導入・運用において、どのような点に注意すべきか、導入後の運用で大事な点は何か、など、実際にCWATを導入・運用している複数の大手企業の導入事例から共通点を抽出し、情報セキュリティソフトウェア導入の勘所をまとめた。そして、その中でなぜCWATが選ばれ続けているのかを考える。これらの企業の導入時の注意点や運用上のノウハウは、これから情報セキュリティ対策ソフトウェアの導入を考えている企業にとって有用だろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -