ニュース
» 2010年02月08日 18時10分 UPDATE

日本CA、200種類以上の定型リポートを搭載するログ管理の新製品

日本CAは、ログ管理ソフト製品の最新版「CA Enterprise Log Manager r12.1」を発売した。

[ITmedia]

 日本CAは2月8日、ログ管理ソフト製品の最新版「CA Enterprise Log Manager r12.1」を発売した。

 新製品では、Basel IIやFISMA、GLBA、HIPAA、JSOX、PCI、SAS 70、SOX、COSO、COBITなどに対応した200種類以上の定型リポート機能を搭載。アイデンティティおよびアクセス管理の観点からログを収集し、コンプライアンスや監査における必要なリポートを容易に作成できるという。

 また、OSや組み込みデータストアなどのソフトをパッケージにして提供するため、ユーザーは自社の環境に適したハードウェアを用意して、同製品を導入できる。収集するログは、OSやアプリケーション、デバイスなどさまざまで、各種情報を一元化して集中管理できるとしている。

 価格は、サーバライセンスおよび収集対象10ソース分のライセンスによる最小構成の場合で128万円からとなっている。

関連ホワイトペーパー

ログ管理 | コンプライアンス


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -