ニュース
» 2010年02月10日 17時42分 UPDATE

エフセキュア、Windows Server向けウイルス対策ソフトの最新版

エフセキュアはWindows Server向けウイルス対策ソフトの最新版を発売した。CPUやメモリ使用量、起動時間の短縮を図ったという。

[ITmedia]

 エフセキュアは2月10日、企業向けWindows Severに対応したウイルス対策ソフトの最新版「エフセキュア アンチウイルス Windows サーバ Ver.9.00」を発売した。

 同製品は、マルウェア対策やルートキット対策、スケジュール/リアルタイムスキャン、集中管理などに対応。最新版ではCPUおよびメモリ使用量を30%削減し、起動時間で56%、スキャン時間で50%の短縮を図った。また、設定画面GUIをブラウザベースに変更し、リモートからの設定変更やウイルススキャンが容易になった。

 対応OSは、Windows Server 2003(32/64ビット)、同 2008/R2(32/64ビット Server Core editionを含む)、Small Business Server 2003、同2008となっている。

関連ホワイトペーパー

Windows Server | ウイルス


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ